スチール外壁の塗装リフォーム

木造建築の一戸建て住宅に住んでいます。
建築年数が10年を経過した頃から、外壁を手で触ると、なにやら白い粉が手に付くようになってきました。


何かの汚れだろうかと気にしたものの、それ以上のことは考えずにいました。

屋根で雨漏りが発覚したので、工務店に修繕してもらおうと電話をしました。

工務店の人が、まずは状況の確認をするためにということで、自宅に来ました。



屋根を調べた後で、外壁がチョーキングを起こしていると指摘されました。最初、何のことか分からなかったのですが、そういえば手で外壁を触ったときに、白い粉が手に付いたのを思い出しました。

納得の賃貸 天満の新しい情報です。

チョークの粉に似ているなと感じたものの、それが何を意味するのか分からなかったのですが、工務店の人が、外壁の塗装が劣化している証拠なのだと教えてくれました。外壁と屋根板はスチール素材で、保護と防水のために塗装してあります。
塗料を塗装して、その塗料が乾燥すると、塗膜と呼ばれる状態になり、しっかりと保護してくれるというわけです。

塗膜は経緯年劣化をしますし、紫外線や温度差などでも劣化が促進されます。


見た目では、汚れているような感じがしないので、まだまだ大丈夫だろうと感じていたのですが、実際に手で触ってみて塗膜が白い粉末状になってしまうということは、リフォームのサインなのだというわけです。ですから、一戸建て住宅の外観を、全面的にリフォームすることにしました。

工務店の人に指摘してもらわなければ、もっと塗膜の劣化が進行してしまい、壁材そのものもダメージを受けていたわけです。

物件 広島情報の失敗しない選び方を紹介します。

専門家による診断は重要なのだなと実感しています。